AirPodsのケースやイヤホン片方を無くした時の探し方、代替品の購入先まとめ

AirPodsのケースやイヤホン片方を無くした時の探し方、代替品の購入先まとめ

外出時のお供として多くの方が利用しているAirPodsシリーズ

使い勝手が優れている一方で、完全ワイヤレスイヤホンかつコンパクトな設計のため、ケース本体やイヤホン片方を紛失してしまったという声も多く見かけます。

本記事をお読みのあなたも今まさにケース本体やイヤホン片方を紛失で悩んでいることと思います。

そこで本記事ではAirPodsのケースやイヤホン片方を無くした時の探し方や代替品の購入先を解説していきます!

Check Now

eイヤホンに販売されているイヤホン片方のみのAirpodsの在庫

残念ながらAirPodsのケースやイヤホンが発見できなかった時はイヤホン専門店「eイヤホン」をチェックするのがおすすめ。

しっかり状態が確認された中古品をお手頃な価格で購入することが可能です。

AirPodのケースやイヤホン片方を無くしたときの探し方

Apple AirPodsを手に持つ様子

AirPodが手元にない場合は、Appleの「探す」アプリで、ケースやイヤホンを効率よく探すことができます。

「探す」アプリの詳しい使用方法を紹介していくので、チェックしてみて下さい。

各モデルごとの「探す」アプリの対応状況

AirPodsの「イヤホン」にはBluetooth技術とスピーカー技術が搭載されているので、全てのモデルが「探す」アプリで紛失時に位置を特定することができます。

ただし、残念ながらケースの捜索はAirPods Pro(第2世代)とAirPods(第3世代)しか対応していません。

ケース本体の捜索 イヤホンの捜索
AirPods Pro(第2世代)
AirPods Pro(第1世代)
AirPods(第3世代)
AirPods(第2世代)
AirPods(第1世代)

「探す」アプリで紛失したAirPodsを探す

手元にiPhoneがある場合は下記の手順で簡単にAirPodsの位置をチェックすることができます。

STEP.1
「探す」が有効になっていることを確認する

「探す」機能を使用するには、「探す」が有効になっている必要があります。まずは設定画面を開いて、状態を確認しましょう。

「探す」アプリで紛失したAirPodsを探す方法
「探す」アプリで紛失したAirPodsを探す方法
STEP.2
「探す」アプリを立ち上げてAirPodsを選択

アプリを立ち上げたら、画面下部の「デバイスを探す」をタップし、さらにリストの中からAirPodsを選びます。

画面には最後にAirPodsがAppleデバイスと接続された時刻と場所が表示されるので、それを参考に紛失した場所のあたりをつけましょう。

AirPodsがBluetoothの接続範囲内にある場合は音を鳴らして捜索することも可能です。

「探す」アプリで紛失したAirPodsを探す方法
「探す」アプリで紛失したAirPodsを探す方法
STEP.3
どうしても見つからない場合は「紛失モード」に切り替える

紛失した場所がどうしてもわからない場合は「紛失モード」に切り替えましょう。

紛失モードをONにすると、iPhoneユーザーが紛失したAirPodsの近くを通った時に最新の位置情報を通知してくれたり、拾った方にあらかじめ設定しておいたメッセージを表示することができます。

「探す」アプリで紛失したAirPodsを探す方法
「探す」アプリで紛失したAirPodsを探す方法

iCloudから紛失したAirPodsを探す

手元にiPhoneがない場合はicloudにアクセスして、下記の手順でAirPodsの位置をチェックしましょう。

STEP.1
iCloudへログインする

パソコンを開いてiCloudへログインする

iCloudから無くしたAirPodsを探す方法

STEP.2
「探す」アプリを開く

管理画面の中にある「探す」アプリをクリックする

iCloudから無くしたAirPodsを探す方法

STEP.3
デバイスの中からAirPodsを選択

所有しているApple製品の中かららAirPodsを選択し、位置をチェックする

iCloudから無くしたAirPodsを探す方法

参考 「探す」でAirPodsを探すApple公式サイト

AirPods(エアポッツ)のケースのみ・イヤホン片方を購入する方法

AirPodsのケース・イヤホンを探してみても残念ながら見つからなかった場合は、代替品の購入を検討しましょう。

ここではAirPodsのケースのみ・イヤホン片方を入手する方法を3つ紹介していきます。

3つ目に紹介するeイヤホン」での購入が最もおすすめの選択肢です。

Appleストアで購入する

AppleストアのAirPods修理ページのスクショ

AirPodsのケースやイヤホン片方を紛失した場合、Appleストアの修理サービスから欠けてしまったパーツを購入することが可能です。

Appleストアで新品に交換してもらえるのは大きなメリットですが、値段は下記のようになっており、ぱっと注文するには足踏みをしてしまいそう…。

価格が気になってしまった方は次に紹介する選択肢を検討しましょう。

ケース本体の交換 イヤホン片方の交換
AirPods Pro(第2世代) 15,800円 14,400円
AirPods Pro(第1世代) 15,800円 14,400円
AirPods(第3世代) 12,000円 10,800円
AirPods(第2世代) 12,000円 10,800円
AirPods(第1世代) 9,000円 10,800円

メルカリ・ラクマで購入する

メルカリで販売されているAirPods「イヤホン片方のみ」の在庫

メルカリやラクマといったフリマサービスでも「AirPods 片方」、「AirPods ケースのみ」などのキーワードで検索してみると多数の出品アイテムがヒットします。

Appleストアでの購入に比べると相場感はぐっと落ちますが、信頼おける出品者なのか見定める必要がありますし、購入後のトラブルを考えると、慎重に検討する必要があります。

eイヤホンで購入する

eイヤホンで販売されているAirPods「イヤホン片方のみ」の在庫

Appleストアで欠けたパーツを購入する場合は費用の高さがネックですし、メルカリなどで個人から購入する場合は正しく作動するかといった品質に不安が残ります。

そこでおすすめしたいのが、イヤホン専門店のeイヤホンで欠けたパーツを買う方法。

eイヤホンはAirPodsの片耳 or ケースのみの買取りを行っているため、豊富な選択肢の中から欠けたパーツを購入することができます。

中古品なので価格も安く、状態の評価もプロが正しく行っているので安心して買い物できるが嬉しいポイントです。

こちらは実際にeイヤホンで購入した片耳AirPods Pro(第2世代)。

eイヤホンで購入した片耳のAirPodsPro

梱包が丁寧なのはもちろんのこと、しっかり状態や保証期間が記載されたシートも同梱されているのが好印象でした。

eイヤホンで購入した片耳のAirPodsPro

ちなみにeイヤホンはAmazonPayに対応しているので普段Amazonで買い物をする方なら支払いがとても簡単。

また楽天ペイにも対応しており、楽天ペイで支払えば0.5%、楽天ペイクレジットで1%の楽天ポイントが付与されるのも魅力です。

関連

中古AirPodsはやめた方がいい?チェックすべき注意点・リスク6つを解説

AirPodsの紛失に関するよくある質問

最後にAirPodsの紛失した際に多くの方が感じるであろう疑問を「よくある質問」としてまとめました。

「探す」アプリを使用するとAirPodsのリアルタイムの位置がチェックできるの?
「探す」アプリに表示されている位置情報はiPhoneとのBluetooth接続が切れる直前の場所なので、リアルタイムの位置ではありません。
AirPodsをなくしたときに「紛失モード」を使うと、何が起きるの?
紛失モードがONになると、iPhoneユーザーが紛失したAirPodsの近くを通った時に最新の位置情報を通知してくれたり、拾った方にあらかじめ設定しておいたメッセージが拾った人のiPhoneに表示することができます。
AirPods(エアポッツ)を片方無くした場合、購入するのにいくらかかる?
Appleストアで購入する場合、14,400円 ~ 10,800円ほどかかります。
AirPods(エアポッツ)のケース本体を無くした場合、購入するのにいくらかかる?
Appleストアで購入する場合、15,800円 ~ 9,000円ほどかかります。
AirPods(エアポッツ)を片方のみ中古で買った場合、普通に使用することはできるの?
一度ペアリング情報を消去して、再度ペアリングし直せば問題なく使用することができます。

AirPodsのケースやイヤホン片方を無くした時の対処法 まとめ

Apple AirPodsを手に持つ様子

AirPodsのケースやイヤホン片方を無くした時の探し方や代替品の購入先をまとめました。

AirPodsを紛失してしまった場合、充電が切れる前に位置情報の当たりをつけたり、紛失モードに切り替えるのが大事です。

手元にAirPodsがないことに気がついたら、今回紹介した内容を実践してすぐに捜索を開始しましょう。

また残念ながらケースやイヤホンを発見できなかった場合はAppleで欠けたパーツを取り寄せたり、中古品を購入することで、再びAirPodsを使用することができるようになります。

本記事がAirPods紛失のピンチを救うことにつながれば幸いです。

コメントを残す