Amazonプライムデー おすすめセール品

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)レビュー!MacBookAirも充電できる便利な2in1アイテム

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)レビュー!MacBookAirも充電できる便利な2in1アイテム

評価: 4.1

普段外出する際に必ずガジェットポーチに携帯しているモバイルバッテリーと充電器。

長い時間カフェなどで仕事をしたりす、旅行の時に欠かせないアイテムなのですが、こんな悩みを持っていました。

タカヒロ

ガジェットポーチの中身を少しでも減らしたい…!

そんな僕の悩める心を鷲掴みにしたアイテムがあります。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)というアイテムです。

こちら充電器とモバイルバッテリーの機能を兼ね備えたハイブリットな便利アイテム。

僕の生活に欠かせないアイテムの一つとしてヘビーユーズするようになりました。

ということで、本記事ではQOLを爆上げしてくれたAnker 511 Power Bankの魅力をじっくり語っていきたいと思います。

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)の外観

今回購入した511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)。

数多くの便利なガジェットを手掛けるAnkerから2023年8月に発売開始された充電器兼モバイルバッテリーです。

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)の製品パッケージ

早速パッケージを開封すると付属品がずらり。

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)の付属品一覧

付属品
  • 充電器本体
  • 取扱説明書

こちらがAnker 511 Power Bankの本体。Ankerロゴが印字された左側が光沢感ある質感、右側はマット調な質感となっています。

側面にはバッテリー残量が確認できるインジケーターが4つついており、25%刻みでバッテリー残量をチェックすることが可能。

ブラックカラーのAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)

Anker 511 Power Bankのカラーバリエーションは全部で6色となっており、手持ちのスマホに合わせやすいようになっています。今回はその中からベーシックなブラックを選択しました。

カラーバリエーション
  • ブラック
  • ホワイト
  • ブルー
  • ピンク
  • パープル
  • グリーン

Ankerはこれまでにも充電器兼モバイルバッテリーのFusionシリーズを手掛けており、ティッグ型の形状を採用しているのは今回で二代目。

サイズは約78 x 44 x 31mm(185g)とコンパクトになっており、プラグも折り畳める構造なので持ち運びしやすいです。

スティッグ型の形状をしたAnker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)の特徴

Anker 511 Power Bankの外観を簡単にチェックした後は本製品の特徴を4つに分けて解説していきます。

モバイルバッテリーとしてスマホの1回分の急速充電できる(5,000mAh)

Anker 511 Power Bankのバッテリー容量は5,000mAhとなっています。

だいたいスマホ1回フル充電できるぐらいなので、普段遣いするには十分な容量です。

折りたたみ式のプラグを直接コンセントに挿すだけでモバイルバッテリーの充電が開始されるのが嬉しいポイント。

スマホの急速充電が可能

Anker 511 Power BankはiPhoneなどのスマホを最大20W出力で急速充電することが可能です。

20W出力で充電した場合に、0%の満充電までに架かる時間は約120分ほど。

Magsafe対応のモバイルバッテリーは無線充電できて便利だけと、充電スピードを重視したいなら、有線で急速充電できるモバイルバッテリーのほうが便利です。

MacBook Airの充電も可能(30W出力)

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)とMacBookAir

Anker 511 Power Bankの充電器としての最大出力は30Wとなっており、MacBookAirの充電も可能です。

たまに電源のない環境でPC作業する機会があるで、そんな時にMacBookAirの充電が行えると心強いですね。

MacBook Proは60W出力の充電器が必要なのでパワー不足ですが、MacBookAirユーザーにはかなり魅力的な製品と言えるでしょう。

スマホ充電した状態の持ちづらさはイマイチ

モバイルバッテリーの形状は下記の2種類が一般的です。

  • 薄型
  • スティッグ型

薄型のモバイルバッテリーはスマホと形状が近く、充電している最中も重ねて持ちやすいのが特徴。

薄型のモバイルバッテリーでiPhoneを充電しながらスマホを操作する様子

それに対して、スティッグ型のAnker 511 Power Bankはスマホと重ねて持った時に手に馴染みづらい感覚がありました。

見た目も可愛くて好みなのですが、持ちやすさは△です。

まぁ充電器としても使うことを考えると薄型の形状をとるのは難しいですよね。

Anker 511 Power BankでiPhoneを充電しながらスマホを操作する様子

パススルー充電には非対応

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)でiPhoneを充電する様子

モバイルバッテリーと充電器の機能を兼ね備えたAnker 511 Power Bank。

残念ながらパススルー充電には非対応とのことで、MacBookを充電しながら同時に本谷内蔵されているモバイルバッテリーの充電も行うといったことはできません。

パススルー充電を希望している方は「Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)」がおすすめです。

Anker 511 Power Bankのよくある質問

最後にモバイルバッテリーや充電機器を購入する際に多くの人が思い浮かぶであろう疑問を「よくある質問」としてまとめました。

5,000mAhのバッテリー容量はiPhone何回分の充電に相当する?
約1回分の充電に相当します。
iPhoneの充電はどれくらい時間がかかる?
0%のiPhone14ProをAnker 511 Power Bankで充電した所、約120分程でバッテリーが100%になりました。
Anker 511 Power Bankを満充電するのにかかる時間はどれくらい?
約2時間30分で満充電になります。
パススルー充電に対応している?
PowerCore Fusion 30Wはパススルー充電に対応していません。

PowerCore Fusion 5000とPowerCore Fusion 30Wの比較

Anker PowerCore Fusion 5000とPowerCore Fusion 30Wのイメージ画像

AnkerにはスティックタイプのFusionシリーズが複数併売されています。

両者の違いは下記の通り。これから買うなら今回紹介したPowerCore Fusion 30Wがおすすめです。

Anker 511 Power Bank
PowerCore Fusion 30W
Anker 511 Power Bank
PowerCore Fusion 5000
イメージ
サイズ 約78 x 44 x 31mm 約113 x 30 x 30mm
重量 約185g 約170g
バッテリー容量 5000mAh 5000mAh
スマホの充電 最大20W 最大20W
パソコンの充電 最大30W※
カラー
バリエーション
ブラック
ブルー
ホワイト
ピンク
パーブル
ブリーン
ブラック
ブルー
ホワイト
ピンク
リンク 価格を見る 価格を見る

※モバイルバッテリーとして使用時は最大22.5W出力

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)レビューまとめ

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)

Anker 511 Power Bankを実際に購入して感じたメリット・デメリットを紹介してきました。

今回記事の中で触れたメリット・デメリットを改めてまとめると以下の通り。

個人的には最大出力が30WでMacBookAirの充電にも使えるのがかなり魅力的に感じました。

メリット
  • モバイルバッテリーの充電し忘れがなくなる2in1の便利な構造
  • スマホ1回分の充電が可能(5,000mAhのバッテリー容量)
  • MacBookAirの充電にも使える(30W出力)
  • 軽量コンパクトなサイズ感
  • 6色の豊富なカラーバリエーション
  • 2in1だからガジェットポーチの中身がすっきり
デメリット
  • 充電しながらスマホを触るのはやや持ちづらい
  • パススルー充電非対応

ガジェットポーチの中身を減らせる素敵なアイテムなので、ビビッときた方はぜひ購入を検討してみて下さい!

2 COMMENTS

匿名

こちらの商品、パススルーには対応していないようなので、充電器として使いながら同時にモバイルバッテリーとして充電することはできないみたいです!

返信する

コメントを残す