Amazonプライムデー おすすめセール品

【レビュー】キャビンゼロで3年旅したので、メリット・デメリットを振り返る

キャビンゼロで3年旅したので、メリット・デメリットを振り返る【レビュー】

評価: 4.2

社会人になってから見知らぬ土地へ旅に出かけるのが趣味の一つになりました。

その土地ならではの綺麗な景色や美味しいご飯を食べる非日常な体験は仕事を頑張る糧になります。

そんな旅好き僕がここ3年ぐらいヘビーユーズしているのがCABIN ZERO CLASSICというバックパック。

素晴らしい魅力の詰まったバックパックなので、実際に使用しつづけて感じたメリット・デメリットをまとめたいと思います!

キャビンゼロのメリット・良い点

まずはキャビンゼロを3年間使用してきて感じた本製本のメリットを6つに分けて紹介していきます!

①機内持ち込み可能なギリギリのサイズで設計

キャビンゼロの写真

各航空会社には機内持ち込み可能な荷物のサイズが規定されています。

キャビンゼロのバックパックは3種類(44L、37L、28L)あって、一番大きいサイズの44Lはこの規定をギリギリクリアできるように設計されています。

同じ44Lでも縦長のバックパックなどは機内持ち込みの規定をクリアできない場合もあるのですが、キャビンゼロは正方形っぽいデザインを採用することで規定をクリアしているのがポイント。

機内持ち込みのメリット
  • 荷物の破損や紛失を防止できる
  • 荷物受け取りの手間が減り、到着ロビーをすぐに出ることができる

荷物は最小限にまとめて、フットワーク軽く旅行をしたい人にとってこの仕様はとても便利です。

②落し物発見連絡システム「OKOBAN」に登録できる

キャビンゼロに付属している落し物発見連絡システム「OKOBAN」のIDタグを撮影

キャビンゼロは落し物発見連絡システム「OKOBAN」のIDタグを搭載しています。

「OKOBAN」に予め登録しておくと、万が一のトラブルの際にIDから所有者を割り出すことができるので、紛失しても手元に戻ってくる確率を高めてくれます。

OKOBAN

遺失物をオンライン上で取り扱える様にしたグローバルサービスです。

落し物発見連絡システム「OKOBAN」と紛失防止タグをセットで利用しておけば、リュックをなくすリスクへの備えは万全です。

STEP.1
専用サイトでアカウント作成

OKOBAN公式サイトへアクセスし、アカウントを作成する。

キャビンゼロ OKOBANの登録方法・流れ

STEP.2
リュックに付いている個体識別IDとリュックの情報を入力

キャビンゼロに記載されているタグの番号を登録する

キャビンゼロ OKOBANの登録方法・流れ

STEP.3
リュックに関する情報を入力する

リュックの情報を入力して登録を完了させる。

キャビンゼロ OKOBANの登録方法・流れ

③10年間のメーカー保証付き

キャビンゼロはメーカー保証が10年

キャビンゼロの正規品は購入から10年間の保証が付いてきます。

とても頑丈なリュックなので3年ほど使って何かトラブルがあったことはないのですが、これはとても心強い。

ネット上には「持ち手が壊れたので交換をお願いしたら1週間以内に新品が届いた」なんてエピソードもあったので、保証サービスは信頼できそうです。

④荷物の収納のしやすさがピカイチ

キャビンゼロの収納ポケット

キャビンゼロはメイン気室のファスナーがスーツケースのようにとても大きく開きます。

いくつか旅行用のバックパックを使用してきましたが、ここまで大きくポケットが開く仕様は珍しい。

ホテルのベッドにガバッとファスナーを開けたキャビンゼロを置いておけば、テンポよくパッキングが行えるのでとても便利です。

⑤長時間背負っても疲れづらい

キャビンゼロを背負って移動する様子

リュックを長時間背負っても疲労感をなるべく感じないようにするためには腰でリュックを支えてあげることが大事。

肩30%:腰70%の割合で荷重を分散すると体にかかる負担を大きく軽減することができるからです。

キャビンゼロはこの点もとても優秀。

正方形に近いデザインを採用していることもあり、ハーネスの長さを調整すると自然と腰でリュックを支えられる状態を作ることが可能です。

何度もこのリュックで旅をしてきましたが、背負った時のバランスの良さはキャビンゼロがピカイチでした。

⑥サイドの持ち手が便利

旅の愛中ではリュックを背負うのではなく、一時的に手に持ってちょっと動きたい時が頻発します。

電車の中を少し移動したい時や荷物を預けるときなどなど。

キャビンゼロはリュックのサイドに肉厚な持ち手がついているので上記のようなシーンでさくっとリュックを持ち上げることができます。

このサイドハンドルは購入時はあまり関心がありませんでしたが、使っていくうちにとても便利だと感じた仕様の一つです。

キャビンゼロのデメリット・欠点

次に3年ほどキャビンゼロを使用してきて感じた本製品のデメリットを3つ紹介していきます。

①細かなポケットがない

キャビンゼロのポケット

キャビンゼロは収納ポケットが下記の4つのみと少なく、細々としたアイテムなどは全てポートなどに個別に収納しておく必要があります。

  • メインコンパートメント
  • メッシュポケット
  • フロントポケット
  • PCスリーブ

個人的にはこの仕様で困ることはほとんどありませんが、普段から細々としたポケットが充実しているリュックを利用している方は注意した方が良いと思います。

②サイドポケットがない

上記の収納ポケットがない点にも通じますが、サイドポケットがついていないのもキャビンゼロのデメリット。

ペットボトル飲料などを一時的に収納できるポケットがあるとより利便性が高まりそうなのですが…。

キャビンゼロ ミリタリーにはサイドポケットも付いているので、気になった方はこちらを購入するのがありかもしれません。

③胸ベルトがない

登山リュックなどで多く見かける胸ベルト。これがあるとリュックと身体の密着感が増して重さを感じにくくなる好母があります。

キャビンゼロにはこれが残念ながら搭載されていません。

リュックのデザイン自体が疲労を感じづらい形状になっているので、そこまで困ることはないのですが、搭載されているさらに良いなと感じます。

この点が気になる場合は、外付けのチェストストラップなどを導入することでカバーできます。

キャビンゼロ44L・36L・28Lの違い比較

CABIN ZEROは今回紹介した37Lサイズに加えて3種類の製品ラインナップがあります。

重量やサイズの違いなどを簡単にまとめましたので、購入する際の参考にしてみてください!

キャビンゼロ 44Lキャビンゼロ 36Lキャビンゼロ 28L
イメージ
価格¥9,500~¥8,500~¥7,500~
大きさ
(縦×横×マチ)
55cm × 40cm × 20cm45cm × 29cm × 19cm39cm × 29cm × 17cm
重量760g700g630g
OKOBAN⚪︎⚪︎⚪︎
ミリタリーデザイン⚪︎××
特徴一週間以上の旅行、海外旅行に最適
機内持ち込み可能なギリギリサイズ
2泊3日程度の旅行に最適1泊2日程度の旅行に最適

キャビンゼロクラシックとミリタリーの違い比較

キャビンゼロにはクラシックモデルとミリタリーモデルの2種類があります。

両者の違いを比較すると下記の通り。ミリタリーモデルの方がポケットが充実しており、用いられている素材も頑丈です。

クラシック 44L ミリタリー 44L
イメージ
重さ 760g 1050g
カラー 10色展開 3色展開
素材 600デニール 1000デニール
サイドポケット ×
チェストベルト ×
Molleシステム ×

キャビンゼロの取扱店舗について

キャビンゼロは札幌、千葉、東京、京都、大阪、名古屋、神戸、横浜、福岡などのロフトや東急ハンズを中心に取り扱いがあります。

実際に見てから購入したいという方は、下記リンクから最寄りの取り扱い店舗をチェックしてみてください。

キャビンゼロ クラシックを3年間使って分かったメリット・デメリットまとめ

キャビンゼロクラシックを背負う様子

キャビンゼロを3年ほど利用して感じた本製品のメリット・デメリットを紹介してきました。参考になりましたでしょうか?

キャビンゼロは旅行者のニーズを捉え、機能的でありがながらお手頃な価格を実現している、とてもコストパフォーマンスが高いリュックです。

フットワーク軽く旅を楽しみたいという方にとくにおすすめのリュックなので、気になった方はぜひ購入を検討してみてください!

それでは今日はこの辺で。

コメントを残す